平成18年秋場所十両昇進力士

大相撲秋場所の番付編成会議が開かれ、
元中学横綱の影山改め栃煌山(とちおうざん)の新十両を決めたと発表がありました。

高知・明徳義塾高出身の栃煌山は、将来が期待される大器。初土俵から所要10場所での十両昇進は、年6場所制となった1958年以降では幕下付け出しを除くと貴花田(のちの貴乃花)、朝青龍らに並び9位のスピード出世となる。


再十両は須磨ノ富士で、「明治、大正時代の男島を抜いて単独史上1位の8度目の十両昇進」との事です。


大相撲秋場所の番付発表は8月28日(月)。
初日は両国技館で9月10日(日)になります。


大相撲名古屋場所大相撲秋場所新番付け大相撲秋場所



Amazon:
シコふんじゃった。
シコふんじゃった。 [DVD]